大学生の時にアルバイトしていたスーパーは、365日24時間営業していました。

年末年始にバイトをした経験談

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

年末年始にバイトをした経験談

大学生の時にアルバイトしていたスーパーは

★ 35歳 : 男性の話
大学生の時にアルバイトしていたスーパーは、365日24時間営業していました。

お客さんにとっては、いつ行ってもお店が開いているというのはメリットかもしれませんが、働いている側からすると、誰も出勤したがらない日が大晦日と元日です。
普段いくら仕事が大変でも文句1つ言わないバイトも、年末年始くらいはゆっくりと家で過ごしたいという気持ちがあります。店長は、正社員なので出勤は義務なのですが、アルバイトは文句なしのじゃんけん一発勝負で決めます。
私は3年間働きましたが、1度だけじゃんけんに負けて、一番出勤したくない大晦日の夜21時から翌朝8時までのシフトになった事があります。当日は朝から憂鬱だったのですが、腹をくくり出勤すると、お客さんもいつもより「大変だね」とか「頑張って」とか声を掛けてくれ、元日を迎えるとお店に来る皆さんが新年の挨拶をしてくれ、何だか温かい気持ちになりました。
また、初日の出も寝過ごすことなく、しっかりと見られました。

仕事が終わり帰る際には、店長がご苦労様といってお年玉袋に特別手当をこっそりとくれて、頑張って良かったなという気持ちになり、逆にいつもより良い新年を迎えられた気がしました。

お薦めサイト



Copyright(c) 2020 年末年始にバイトをした経験談 All Rights Reserved.