以前、友人と一緒に小さな製麺会社で、年末年始のアルバイトをしたことがある。

年末年始にバイトをした経験談

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

年末年始にバイトをした経験談

以前、友人と一緒に小さな製麺会社で

★ 33歳 : 女性の話
以前、友人と一緒に小さな製麺会社で、年末年始のアルバイトをしたことがある。募集内容は年越しそばのパック詰めだったのだが、多忙な時期だったので他の仕事もさせられた。
パック詰めは流れ作業で、私は蓋をする前に最後の仕上げとして、消毒のためのアルコールを吹く役目だった。食品に直接、霧吹きでアルコールを吹くのだが、このバイトをしてからはなんとなくパック詰めの製品を食べるのが嫌になった。
出来上がった製品に、原材料などが記載されたラベルを貼るのだが、パートの年配女性たちは機械に弱く、このシールを出すことができず、事務をしていた社長婦人がしていた。
しかし、事務員は一人で忙しいということで、私と友人はラベルを作成・印刷させられた上に、受注発注の仕事まですることになった。
更に、配達も忙しくて手が回らないということで、私達は配達までさせられた。配達車はミッション車しかなかったのだが、私たち二人はオートマ車しか乗れなかったので、社長がどこからか、オートマのステーションワゴンを借りてきたので、その車で配達をしていた。
本当は年末だけのバイトだったのだが、社長婦人がプライベートのために年始の仕事を休みたいので、代わりに数日間働いて欲しいと言われ、年始も事務を中心に働いたのだが、年末とは違ってとても暇で、お留守番程度の仕事内容だった。


Copyright(c) 2020 年末年始にバイトをした経験談 All Rights Reserved.